江戸時代から続く屋形船

屋形船の歴史はとても古く、奈良時代から大きな河川に浮かべた船の上で酒宴を催していました。
特に江戸時代中期において、隅田川や荒川を中心とした河川があったことから、大名や裕福な町人たちの船遊びとして人気がありました。
当時、歌川広重や鈴木晴信、葛飾北斎などの浮世絵にも屋形船が描かれていることからも、江戸時代の屋形船での賑わいを物語っています。
経済的な豊かさもあって、絢爛豪華な遊楽船が造られ豪華さを競っていくうちに、次第に大型化していきました。
金銀漆などで装飾をするなど贅をつくしたものが増えていき、その姿があまりにも華美すぎるので、幕府によって装飾や大きさが制限されるほどになりました。
質素な屋形船が新造されてからは、次第に豪華船から現代に通ずる屋形船のスタイルに変化していきました。
現在でも東京の隅田川周辺や、浜松町、品川近辺に多く船宿があり、畳が敷き詰められた座敷でくつろぎながら酒宴を楽しむことができます。

下町の探検に使う屋形船について


東京において観光する際に下町という言葉を耳にすると思いますが下町とは江戸時代における高台と低地による物で市街区においての地域が現在では指されます。
その下町の屋形船という観光名物であると言われますが屋形船とは船に屋根と座敷が与えられた和船の一種です。その発祥は平安時代において貴族達の遊びなどに使用されていました。
そのうち現代にいたる途中で水質の問題によって勢いを失っていましたが、水質の改善によって観光目的などに使用されるようになりました。特に使用されるのは東京を例にすると隅田川の花火大会による物が多く豪華な料理と共に花火を楽しむ文化は江戸時代より現代にかけて続いています。
この和船を運営するメリットにおいてその点においては観光資源が豊富な地域においてこの和船は大きなメリットを発揮します。用法じたいも観光地域に限られた物として運営される事を前提とされており花見や夜景といった物を使ってこそこの和船は大きな効力を上げる事ができます。
問題点として排油等が挙げられますが現在では太陽光発電による自然エネルギーによる運用も検討・開発・研究されており、一概にこの和船を運営するデメリットは存在しない事になります。
こうした観光資源を有効活用する事は地域の財源を潤す事にも繋がり、周辺地域の活性化や外国人観光客に対しての良い客寄せにもなります。観光資源を有効活用させない時点で利益を得る機会が損失してしまうので運営する事によって多くの利益が発する事がこの屋形船のメリットになります。

check

高級マンション

チャイルドシート

2018/7/18 更新

 
Copyright c 2008 屋形船FAMILY All Rights Reserved.